日本が風俗の先駆け

お店が生まれた理由

売春を禁止にするぐらい風俗に厳しくしているなら、どうして風俗のお店を作ったのかと疑問に感じている人が多いでしょう。
その理由は案外簡単で、需要があったからです。
風俗が乱れることは避けたいけれど、人々の欲求を満たすために必要なものだと政府は考えていたのでしょう。

ですから完全に禁止にするのではなく、特別に認めた区間のみで売春をして良い決まりになっていました。
それは、遊郭と呼ばれています。
花魁や遊女などがいたところなので、名前を聞いたことがある人が多いと思います。
彼女たちが、現在風俗で働いている女性たちの先駆けだと言っても良いでしょう。
花魁になりたい女性がたくさんいましたが、位の高い人しかなれなかったと言われます。

難しい問題である風俗

風俗に関する法律は、制定することが難しいと言われています。
今は奴隷制度が完全になくなっていますが、昔はそのような決まりが世界各国でありました。
実は、日本でも奴隷として働かされていた人たちがいっぱいいます。
その中で、風俗で無理矢理働かされていた女性たちもいました。

風俗の始まりが早く、しかも神聖なものであるという認識を持っていた日本です。
しかし、海外から風俗の知識や文化が輸入されてきて、風俗は汚らわしいものや悪いものという認識が広まっていきました。
風俗に関する厳しい決まりを制定しても、奴隷として働いていた人がいたのは事実です。
現代では、そのような悲しい出来事が起こらないように取り締まってほしいですね。