お店は神社のそばにある

お客さんが来る風俗

今は、風俗嬢が指名されたホテルやお客さんの家に行くデリバリーサービスをしているお店もたくさんあります。
ですが平安時代の頃は、お店を構えてお客さんを呼ぶところが多かったと言われています。
その頃は風俗嬢の呼び方も巫女さんでしたが、平安時代には遊女という名前が使われるようになりました。
遊女という名前はドラマやマンガを見ていると出てくる名前で、聞けば風俗に関係する職業に携わっている女性だと理解することができると思います。

奈良時代の風俗は現代と異なる点が多かったですが、平安時代になるとほとんど得現在と変わらなくなるようですね。
仕事の内容もほとんど現在と同じで、いろんなサービスをしてお客さんを楽しませることがメインです。

神社に近いお店

昔は、風俗嬢は巫女さんが担当していたように、神聖なものという認識が強かったと言われています。
平安時代になって風俗のお店を構えるようになってもその考えは変わりませんでした。
その証拠に、お店は神社の近くに建設されました。

今はそのような文化がなくなったので、街中に風俗のお店がまとまっています。
もっと時代が進むと、現在のように町の中心地に風俗のお店がまとまるようになりました。
それでも近くに神社があるポディションを選択したりと、神様と近い関係にあるという考えは消えませんでした。
そのような考えが消えたのは、欧米の風俗文化が日本に入ってきてからだと言われています。
ですから近代までは、神様と同じようなものだと思われていました。